血液センターの求人特集【希少な求人を探せるサイトは?】

TOP >> 血液センターの医師 >> 血液センターの医師の仕事内容・役割

血液センターの医師の仕事内容・役割

血液センターのおける医師の仕事内容は、主に輸血バスなどに同行をして、献血をしてくれる方の健康診断を行うといったことが主な業務内容になります。採血基準というものがあり、それに該当する人間であるかどうかを問診したり、健康診断をすることによって、採血が出来るのかどうかの判断をすることが主な業務です。献血をしてもらえるということは、非常にありがたいことなのですが、その血液が輸血やその他の用途に使えるものでなければ意味がありません。

どんな人間のどういった血液でも輸血などに利用出来るのかといえば、そうではないのです。例えば有名なものをあげると、タトゥーを1年以内に入れた方の献血は拒否されることになります。これは、HIVなどの感染症やB型肝炎、C型肝炎への発症リスクが高いとされているからであり、感染症に掛かっている血液を輸血や血液製剤として利用することが出来ないからです。こういったことの検査は、採血をした後の感染症検査を行なってチェックするのですが、医師の問診によって1年以内ということが判明すれば、わざわざ採血をし、チェックをするまでもなく、献血を拒否する方が手間が掛からないのです。

仕事内容としては、一般的な医療機関のそれよりも、随分と比重が楽なものになります。血液センターに存在している問診マニュアルに基づいた問診をすることや、採血可否の判断をするだけですから。また、献血者の安全管理というものも行なっていきます。献血の際には、稀に副作用を起こされる方もイますから、そういった状況になった際に応急処置や対応をしていくことが求められます。

こういった業務をこなす必要はあるものの、一般的な医療機関のようにオンコールでの呼び出しや、まして夜勤といったものは存在しませんし、上記にあるような緊急的な対応というものを行うシチュエーションというのは、本当に稀な状況です。このためプレッシャーが少なく、業務内容が楽とういうことで、研修医のアルバイトとしての人気が高かったり、リタイヤ医師の新しい職場として。他にも女性医師の仕事と家庭の両立のために希望される方が多く見られています。

基本的に1つの血液センターに対して、数名の医師だけでいいというような競争率が高い職場であり、また離職率が極めて低いことから、なかなかに求人が出ることはありません。個人レベルの転職活動では見つけることは難しいですから、医師転職に特化した医師転職ドットコムなどを利用して、転職活動を行なっていくことをオススメします。

血液センターの医師の求人サイト 人気ランキング 〜医師編〜

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>血液センターの医師の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 血液センターの求人特集【希少な求人を探せるサイトは?】 All Rights Reserved.