血液センターの求人特集【希少な求人を探せるサイトは?】

TOP >> 血液センターの看護師 >> 血液センターの看護師の仕事内容・役割

血液センターの看護師の仕事内容・役割

血液センターの看護師は、非常に成り手希望者が多い職種としても知られています。看護師は女性の成り手が多く、女性の人生というものには、大きなイベントが存在しており、結婚や妊娠、出産といったものを経験した場合には、一般的な医療機関での看護師の勤務スタイルは非常に難しく、なかなか続けていくことが難しいのです。このような状況から、勤務スタイルに余裕があり、自分の時間が確保出来やすい血液センターへの転職は人気が高いのです。

血液センターの看護師の仕事といえば、やはり献血が挙げられるでしょう。疾患や外傷などによって、手術などで必要な輸血を採取するといった作業です。日本における輸血の受け入れというのは、日本国から唯一採血事業者として認可を受けている日本赤十字社が一手にその役割を受け持っているため、血液センターの看護師=赤十字センターへの転職ということになるのです。献血には種類があり、成分献血と全血献血があるということを覚えておきましょう。

基本的に血液センターで働く看護師の業務内容としては、採血業務が主になります。輸血用の血液製剤になる血液を献血をしてくれる方から採血するといったものです。既に各地に設置されている献血センター内であったり、献血バスなどで特定の場所を回ったり、会場というものを用意してそこで行なったりと、そのスタイルは様々に存在します。

その他にも献血をしてくれるという方に説明をしたり、献血の経験や、その際に体調の変化がなかったのかといったことを聞いたりなど、コミュニケーションを取っていくことも大事な仕事になります。会話などのコミュニケーションを取ることにより、特に献血初心者の方をリラックスさせたり、少しでもリラックスしてもらうことが重要になります。せっかくのボランティア精神を、対応が悪ければ損なってしまうことにもなりかねませんし、結果として血液を集めることが困難になるため、こういった対処は非常に大事な作業になります。

他にも献血をすることで血液検査の結果も出てきますから、その結果を元に保健指導という観点で保健指導を行うことも重要な役割です。ただ血液を採血するだけでなく、血液を提供してくれる方々の健康にも一役買うということが、血液センターで働く看護師の重要な役割になりますから、しっかりと覚えておきたいところですね。血液を必要としている患者さんとは間接的に関わることが出来ますし、直接採血する方の健康にも密接に関わるという非常にやりがいのある仕事でもあるのです。

血液センターの看護師の求人サイト 人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
ナースフル 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>血液センターの看護師の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2018 血液センターの求人特集【希少な求人を探せるサイトは?】 All Rights Reserved.